経営ビジョン

弊社は2023年1月、「株式会社マスヤグループ本社」を改め、「IXホールディングス株式会社」に社名を変更いたしました。本社を三重県伊勢市に構え、伊勢志摩を中心に様々な分野の事業会社を展開している持株会社です。地元である伊勢志摩地域(I)を、新しい時代に向けて力強くトランスフォーム(X)させたいという思いを、新社名に込めています。


社長メッセージ

私たちは、変化の激しい時代の中で、持続可能な未来を創造するための重要な一歩を踏み出しています。私たちの経営ビジョン「持続可能な未来を創造する、統合的なデジタルエコシステム」は、この変化に対応し、新たな価値を生み出すための指針です。

デジタルトランスフォーメーションは、単なる技術の導入ではありません。これは私たちの働き方、考え方、そして事業を運営する方法を根本から変革する機会です。私たちは、シェアードサービス戦略、オープンイノベーション戦略、そしてデジタルリテラシー向上戦略を通じて、この変革を実現します。

これらの戦略は、効率的な業務運営とコスト削減、革新的なソリューションの開発、そして何よりも私たちのチームがデジタル世界で活躍するための能力を高めることを目指しています。私たちの目標は、デジタル技術を通じて、社内外のすべてのステークホルダーに価値を提供することです。

私たちは、従業員一人ひとりの成長と、地域社会との共生を大切にします。デジタル技術の活用は、私たちがこの目標に向かって前進するための重要な鍵です。私たちの旅はこれから始まりますが、私は皆さんとともにこの挑戦に取り組むことを楽しみにしています。

最後に、私たちの取り組みが地域社会、顧客、そして私たち自身にとって、より良い未来を創造する礎となることを確信しています。皆さんの熱意と支持に感謝し、共に成長し続けることを期待しています。


経営ビジョン:「持続可能な未来を創造する、統合的なデジタルエコシステム」

弊社は、ホールディングス企業として多様な事業を展開していますが、これまで各事業会社は独立して運営されており、システムや業務プロセスがバラバラでした。この状況は、効率性の低下やコストの増大、さらには柔軟な人員配置やリスク管理の難しさを引き起こしていました。これらの課題に対応し、持続可能な成長を実現するためには、組織全体のデジタルトランスフォーメーションが必要であると認識しました。

また、私たちの事業は地域社会と密接に関連しており、地域の伝統や文化、人々の生活が私たちの事業の根幹に影響を与えています。この地域との共生をさらに深め、地域社会に貢献することが私たちの重要な責務であると考えています。これらの考えから、地域社会と連携しながらデジタル技術を駆使し、新たな価値を創造することが必要だと感じました。

こうした背景を踏まえ、経営ビジョン「持続可能な未来を創造する、統合的なデジタルエコシステム」を制定しました。このビジョンは、内部のシステム統合と業務効率化、外部とのオープンイノベーション、そして地域社会との持続可能な共生を目指します。デジタル化を進めることで、事業運営の効率化とコスト削減を実現し、同時に地域社会との関係を強化し、新しい市場や機会を生み出すことを目指しています。

このビジョンにより、私たちは持続可能な未来に向けて、一層の努力を重ねていく所存です。